保水効果を期待できる化粧水でアトピーを改善しよう

女の人

化粧に工夫をしましょう

化粧水

どんな成分がいいか

ビタミンcは、美白効果があるために摂取を勧められますね。しかし口から取り込む場合には効果も十分に発揮されますが、肌に直接塗ったのでは、不安定な成分であるために美白作用が生かされません。そこで、ビタミンc誘導体という成分に変えて、化粧品に含ませます。ビタミンc誘導体なら、肌への浸透もよく、いったん体内に入ってからビタミンCに変化するので、成分が壊れないというメリットもあるのです。そのビタミンc誘導体を含んだ化粧品を使えば、お肌の状態も大きく改善します。ただ、ビタミンc誘導体には種類がいくつかあり、それぞれ効果が違います。したがって、化粧品を選ぶ場合には、その種類を確かめる必要があるのです。まず、水溶性ビタミンc誘導体は、水になじみやすいので、浸透力がよく、効果が素早く出ます。即効性を期待する方は、この成分が含まれているものがいいでしょう。油溶性ビタミンc誘導体は、水溶性に油分を付け加えたものです。浸透性はさらによく、ゆっくり角質の奥まで達します。いったん浸透すると、乾燥しにくく、効果が長続きするという長所があります。もう一つ、新型のビタミンc誘導体というものがあるんです。これは、水溶性と油溶性を兼ねた成分です。それぞれの持つ良さを生かしながら、短所を補うという特徴があります。特に浸透力の点では上記の二つを上回るものがあり、美肌効果は抜群です。種類からビタミンc誘導体が入っている化粧品を選ぶ以外に、配合量を参考にすることもできます。化粧品の配合成分は、量が多ければ多いほど成分表の前に掲載されています。つまり前のほうにビタミンc誘導体が載っていれば、それだけ分量が多いということになります。そこがポイントです。

Copyright © 2017 保水効果を期待できる化粧水でアトピーを改善しよう All Rights Reserved.